ブログ

バレーボールでの痛みやケガ

紫波町・石鳥谷・矢巾・花巻・盛岡でバレーボールでの痛みやケガに対する専門的な治療が提供できる北田接骨院。

バレーボールでの障害は様々なケースで発生します。主にジャンプのし過ぎなどで発生するオーバーユースによる痛みか滑り込んだり、ジャンプして着地したときに失敗したなどの衝撃が入る外傷性のものになります。外傷性のものでひどい場合は靭帯損傷や半月板損傷などになるばあいもあります。これらは、紫波町の北田接骨院ではプロスポーツ選手が使っている最新の治療器で治療できますのでご安心ください。

ただ、姿勢不良や使い過ぎなどによって出る痛みはとれにくい場合があります。バレーボールは前かがみ、中腰の姿勢から急に動き出すことが多く慢性的に腰椎に負担がかかり、一気に痛みが爆発することもあります。痛みが出るまでに時間がかかった場合体の筋肉バランスが悪くなっていることが多く治りにくいことがあるのです。もちろんこのような痛みが出た場合は体が疲れているから出た痛みではないので、ただマッサージしたり、ストレッチするだけでは治らないこともあります。

紫波町の北田接骨院では痛みの原因をしっかり検査し、今必要な治療を提案して行っていきます。紫波町・石鳥谷・花巻・矢巾・盛岡でバレーボールでの痛みやケガでお困りの方は一度ご連絡ください。

  • バレーボールでの痛みやケガ はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る