ブログ

ドケルバン腱鞘炎

紫波郡・石鳥谷・花巻市・矢巾でドケルバン腱鞘炎の専門的な治療が提供できる北田接骨院。

親指を広げると2本の腱が浮かび上がります。ドケルバン腱鞘炎とは、その2本の腱が通るトンネルで炎症が起きることです。炎症が起こり、腫れることによってトンネル内で腱がスムーズに動けなくなる為に強い痛みを感じたり、指の動きが鈍く感じたりします。

主に女性に多く発生しますが、女性は育児や家事などで手を酷使することが多い上に、肘が男性よりもやわらかいため力が入りにくく、手首から指へ負担がかかりやすいため腱鞘炎が発生しやすいです。また、女性自身の生理的な要因によって引き起こされることもあり、出産前後や更年期障害などに附随して発生する場合もあります。さらに腱鞘炎になる人は肩こりや慢性的な頭痛を併発している人が多いです。

紫波郡・石鳥谷・花巻市・盛岡市の北田接骨院では、痛みの原因をしっかり検査し、今後腱鞘炎が起こりにくくなるような治療も行っております。

指や手首は日常生活で使わないことはなく常に負担がかかって慢性化しやすく治りにくくなります。いち早く治療することが完治につながりますので、お早めに紫波郡・花巻市・盛岡市の北田接骨院までご相談ください。

  • ドケルバン腱鞘炎 はコメントを受け付けていません。
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る